あなたの住みたい街はどこ?
2017.07.26

オレンジのソファ日本では、住居として今まであまり認知されていなかったシェアハウスですが、この数年でかなり事情が変わって来たようです。シェアハウスは、確実に増加傾向にあります。狭いワンルームに住むよりも、広々した共用スペースに魅力を感じる人が多いようです。今では全国にシェアハウスが見られるようになりましたので、住みたい町があったら検索して探してみましょう。
あなたの住みたい町はどこですか?シェアハウスは東京のあちこちになりますよ。活気があって便利な新宿のシェアハウスや池袋のシェアハウスでしょうか?それとも昔ながらの下町情緒漂いつつも、高級住宅街の趣きある麻布十番のシェアハウスですか?下町情緒と言えば、浅草もいいですね。浅草の夜はスカイツリーのライトアップがきれいですが、浅草寺も夜のライトアップをしていて、こちらもきれいです。
浅草のシェアハウスに住んでみれば、もっと楽しい発見もあることでしょう。シェアハウスなら、恵比寿や原宿などのおしゃれな街にも気軽に住めます。東京都内だけでなく、神奈川県や千葉県、そして全国にも視野を広げてみましょう。神奈川県であれば、古都鎌倉はいかがでしょう。古都の情緒漂う静かな住宅街に住むこともできますし、輝く海の見えるシェアハウスも魅力的です。鎌倉では座禅体験も気軽にできそうです。
休日の朝は早起きして朝市で新鮮な野菜を買いましょうか。そして広々したキッチンで料理を作る…たくさん作って皆にも食べてもらうのも楽しいことです。千葉県の海辺の街ではシェアハウスを住まいとして使う人はもちろん、週末を別荘代わりに使う人や、ひと月だけ借りて田舎暮らし体験を楽しむ人もいるそうです。こんな使い方ができるのも、短期契約も可能で手ごろな値段で借りることのできるシェアハウスだからこそです。
日本の古都と言えば京都です。ここにもシェアハウスはあります。普通の家やマンションを改造したシェアハウスだけでなく、昔ながらの古民家をリフォームした、京都らしいシェアハウスもあります。このようなシェアハウスでは、古民家の風情を残しながら、キッチンやバスルームなどの水回りや冷暖房は、現代的に使いやすくしてあるので快適に住むことができます。
シェアハウスなら、備え付けの家具が使えますので普通の引っ越しよりも荷物が少なくて済みます。住みたい街に身軽に住み替えることができるのです。今の所、20代、30代が中心のシェアハウスの住民ですが、リタイアした人が短期間だけ、住みたい土地に移住体験をするのにも向いています。年配の方の利用も、次第に多くなっていくことでしょう。

▲ ページトップへ