入居までの必要な事
2017.07.26

ソファweb上で気になる物件が見つかったら、管理会社に連絡して家の中を見せてもらいます。質問したいことはメモに書いて、聞き忘れないようにしましょう。その時に、できれば今住んでいる住民と話をしてみるといいですね。これから毎日顔を合わせる人たちです。気の合わない人がいると、いくらいい物件であっても居心地が悪くなります。気になるところがあれば遠慮せず、いつでも管理会社に聞いてください。
シェアハウスの防犯面はどうでしょうか?オートロックやインターホンがあると安心です。お風呂やトイレの数は足りていますか?大勢で一つのお風呂やトイレを共同で使うのは大変です。バストイレは4人に一つが目安です。自分で用意するものは何でしょうか?シェアハウスの中には、個室の家具も備え付けのところもあります。かぶらないようにチェックしましょう。
手持ちの家具を搬送する場合は、必ずサイズを測ってからにします。せっかく持って行ったのに入らないのでは処分するしかありません。気をつけなくてはいけないのは、私たちが物件や住民をチェックするのと同時に、私たちも住民や会社からチェックされているということです。シェアハウスを見たり、住民と話をしている様子で、シェアハウスの住民としてふさわしいかどうかがチェックされています。堅苦しく考えないで、普通であればいいのですが、不機嫌だったり、横柄であったりすると、入居を断られることにもなりかねません。服装も普段着で構いませんが、きちんとした服装を心掛けましょう。
あなたが実際にそのシェアハウスを見て気に入って、あなたも管理会社や住民から気に入られたら、申し込みをすることになります。身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)や印鑑、本人の連絡先、本人以外の連絡先や、保証人の承諾証を用意しておきましょう。保証人は、シェアハウスの場合、短期契約の場合などは不要なこともあります。
申し込みと同時に必要な初期費用を支払います。保証金、事務手数料、家賃、光熱費などです。保証金は数千円から数万円、事務手数料は1万円から数万円です。シェアハウスでは通常の賃貸物件と違い、敷金、礼金は必要ありません。保証金は退去の際に返金されますが、清掃料などで、返金がない場合もあります。入居の際は、キッチンやリビングの備品は基本的に必要ありませんが、手持ちのもので、捨てるには惜しい物がある場合は管理会社に相談してみましょう。場合によっては「もう一つあった方がいいから持って来てください」ということもあります。

▲ ページトップへ